ウエディングプランナーになるには…専門学校ならヒューマンアカデミーがお勧め!

ウエディングプランナーになるには…ヒューマンアカデミーの『ウエディングプランナー講座』がお勧め!

ウエディングプランナーは結婚を間近に控えているカップルが挙げる結婚式について、プロデュースを行うのが仕事ですね。

結婚式を挙げるには、日取りや予算、招待状や衣装の手配など決めなくてはならないことが数多く存在します。

それをサポートするのがウエディングプランナーの仕事です。

挙式を控えたカップルの要望や意見を聞き取りながら、最も良いと思われるプランを提案し、結婚式が素晴らしいものになるように総合的にサポートしていきます。

また別の側面で見ると、結婚式場を見学しに訪問するカップルに対して、会場を案内しながら、この会場でどんな結婚式を行うことが可能なのかを提案していくお仕事でもあります。

カップルは何件かの式場を比較検討をして、最終的に式を挙げる場所を決めるのが一般的です。

自社の会場を選んでもらえるよう、魅力あるプランをカップルに提案する訳です。

カップルが挙式することが確定したら、事前準備に入ります。

カップルの要望や意見を聞きながら、日取りや予算、結婚式の進行や料理、衣装などの詳細を決めていきます。

結婚式を行なった方ならお判りだと思いますが、結婚式の詳細と一言で言っても、決めなくてはならないことは、ほんと山ほどあります。

会場のレイアウトや当日使用するBGM、結婚式の司会者を選んだり、音響係や照明係を委託発注したり、料理を決めたりなど、、、、。

当日の各スタッフへの指示や式全体の統率も行います。

そのため、ウエディングプランナーになるには、細やかさと正確さが求められます。

一般的には挙式の何ヶ月か前に式の準備がスタートし、当日を迎えるまで何回も打ち合わせをします。

決めることがたくさんあるので、1回の打ち合わせでは決まらないからです。

何度も新郎新婦と顔を合わせ、要望を聞きながら、納得の行く形にすり合わせていきます。

打ち合わせのスケジュールを立てたり、連絡を入れたりするのも、ウエディングプランナーの仕事になります。

打ち合わせをしていないときも、招待状の書き方や引き出物を選ぶ方法など随時、新郎新婦の細かな質問や要望に対応していきます。

ウエディングプランナーになるには、気配り上手でなければいけませんね。

そして、事前準備も大切ですが、最も重要な「式の当日」を迎えます。

手配したものが全て手元に届いているかをチェックして、結婚式を時間通りに始めることが出来るように、会場全体に対して気配りをします。

そして、それぞれのスタッフに指示をしていきます。

本番では、どのようなトラブルにも対応することが出来るように会場の隅で進行を確認しながら立ち会います。

ウエディングプランナーになるには…資格の種類

ウエディングプランナーになるには、何種類かの資格が存在します。

ただし、仕事をするためには、必ず取得しなければならないという訳ではありません。

ですが、これらの資格を取得しておくと、ウエディングプランナーの仕事を始める時に即戦力として活動することができますし、面接を受けるときにも有利に働きます。

また、国家資格ではありませんが、ウエディングに関係する団体が運営する民間資格を取得するようになります。


■ウエディングプランナーになるには…全米ブライダルコンサルタント協会認定資格

まず1つ目が、全米ブライダルコンサルタント協会認定資格です。

この資格は、ABC協会認定資格とも言われています。

母体となるのは、米国のコネチカット州で活躍するウエディングのプロフェッショナルな組織です。

今は日本国内にもオフィスがあり、日本のオフィスが主催する「ブライダルプランナー検定」の1級と2級という認定資格になります。

この資格は、ブライダル業務で実務の経験がない方や実務の経験が浅い方が対象となっていて、初心者に適した資格で、受験資格は特にありません。

誰でも受験することが出来るので、転職を希望する人たちや学生がたくさん受験しています。

ブライダルプランナー検定1級の資格に取得すると、ABC協会が認めるプロフェッショナルな資格を受ける権利を得ることができます。

そのプロフェッショナルな資格とは、アシスタント・ブライダルプランナーです。

その上に、もっとプロフェッショナルな資格として、プロフェッショナルブライダルコンサルタント資格も用意されています。

これらの資格は3年以上実務を経験している人が対象となっています。

よりプロフェッショナルな応対やサービス・実務を行うことが可能な能力があるかを問われる資格なのです。

ウエディングプランナーになるには必ずしも必要でない資格ですが、資格を取るための勉強は、決して無駄にはなりませんね。


■ウエディングプランナーになるには…日本ブライダル事業振興会認定資格

2つ目が、日本ブライダル事業振興会認定資格です。

この資格はBIA認定資格とも言われています。

日本ブライダル事業振興会が指定した専門学校で学んでいる人やホテルやウエディングの業種に従事している方が対象の資格です。

アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定はABC検定とも言い、専門学校の学生が主に試験を受験する資格になります。

実技は行われず、実務の知識を理解する能力が問われる資格です。

この資格を取得するとBIAブライダル・コーディネーターの試験を受験することが出来ます。

BIAブライダル・コーディネーター検定はウエディングの分野の会社に入社することを目指す社会人や学生用の検定です。

ウエディングの業務を行うにあたり、必要となる具体的な応対技術や実務知識を問われる内容になっています。

ウエディングプランナーになるには『ヒューマンアカデミー』がお勧め!

ヒューマンアカデミーは資格取得やキャリアアップを目指す専門スクールで、全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)認定校であります。

その中のウエディングプランナー講座は、ウエディングプランナーやブライダルディレクター、ブライダルプロデューサーなどになるために必要な勉強が可能となっています。

他にも、ブライダルフローリストやブライダルスタイリストになるために必要な勉強をすることも出来ます。

ヒューマンアカデミーが行う講座は、会社の人事部門からの視点を元に就職に有利な要素も取り入れたカリキュラムを作っています。

そのため、即戦力となるなるための知識を身につけることが出来ますので、就職にも有利な内容となっています。

まずブライダル講座では専任講師が実践的な指導を通して教えてくれます。

結婚式の流れや結婚式の種類など基本的な知識はもちろん、オリジナルウェディングを作る方法をレクチャーしてくれます。

また、ヘアアレンジの方法やお花の活け方、司会などの技術についても教えてくれるのです。

更には、ウエディングドレスを選ぶ方法や種類、着せ方、和服を取り扱い方、接客方法などを学ぶことも出来ます。

就職先で即戦力として働くことが出来るように指導してくれるので安心です。

ヒューマンアカデミーでは、ウエディング講座を修了した生徒の人数が2万名を超えていて、250社以上に就職している実績があります。

ブライダル会社の人事部スタッフで、ヒューマンアカデミーのことを知らない人はほとんどいません。

ウエディングに関する仕事をしたい人は、ヒューマンアカデミーが行う説明会に参加して、ブライダルの業種の情報や授業内容をチェックしてみましょう。

ヒューマンアカデミーは、ABC協会に認定されているスクールの中で最も多い受験人数と合格者を出しているのです。

また、ヒューマンアカデミーのウエディング講座の内容の中には資格取得のための対策講座も含まれています。

資格合格率は8割を超えるほど豊富な実績があります。


ヒューマンアカデミーが提供するカリキュラムの中で、一番と言える人気講座が「ウエディングプランナープロフェッショナルコース」です。

このコースは、スタイリングからプランニングまでウエディングをトータルプロデュースできるようになることをゴールにしています。

そのため、ウェディングプランナーを目指している人はもちろん、ブライダル業界への転職・就職を目指している人、即戦力として知識やテクニックを身に付けたいと考えている人に特におすすめです。

受講期間は、週2回の通学だと6ヶ月間、週1回の通学だと1年間になります。

この期間からも、じっくりとウエディングプランナーになるための知識を身に付けていくコースだということがわかりますね。

コースのカリキュラムは、「コーディネート」「プランニング」「フラワーデザイン」「カラースタイリング」の4項目に大きく分かれます。


■ウエディングプランナーになるには…コーディネート

まず、「コーディネート」では、ウエディングに関する基礎知識、ウエディングに用いる商品の知識、会場装飾・テーブルコーディネート等のスタイリングについて学びます。

ウエディングプランナーになるには、ウエディングのコンセプトやテーマ決め、コーディネートプランの作成、プレゼンテーションの方法についても学んでいきます。


■ウエディングプランナーになるには…プランニング

次に「プランニング」では、ウエディングの特性・プランナーの役割・当日までのタイムスケジュール等の基礎知識にはじまり、ウエディング業界のビジネスについても学びます。

プロモーションをどうしていくのか?ブライダルフェアをどう活用するのか?ビジネスパートナーとどう組むのか?という視点も必要になってきます。

その他、プランナーとしての身だしなみや接客スキル等のヒューマンスキルのレベルアップも目指します。


■ウエディングプランナーになるには…フラワーデザイン

「フラワーデザイン」は、会場を装飾してくれるお花の存在は、結婚式には欠かせないアイテムです。

お花に関する基礎知識と、花の旬や流通時期、オーダーの受け方、そして、花の装飾の仕方やブーケの種類とドレスコーディネートについても学びます。


■ウエディングプランナーになるには…カラースタイリング

最後に「カラースタイリング」です。

色の活用次第で、結婚式のイメージは大きく変わります。

色彩やドレスのカラーに関する基礎知識、カラー分析ができるようにパーソナルカラー実習、具体的なスタイリングについて学ぶ実習が用意されています。


これらのカリキュラムを教えてくれるのは、現役のプロと、育成のプロばかりなのも、ヒューマンアカデミーの魅力です。

少人数で指導をしてくれますので、細やかなサポートが受けられるのも嬉しいですね。

また、ヒューマンアカデミーが独自で作成をしたテキストも用意されています。

写真や図をふんだんに使ってわかりやすくしてくれているので、初心者でも安心です。

また、コースを卒業をして実際にウエディングの現場に出てからも、テキストがあれば何度も学び直すことができます。

学びに終わりはないからこそ、充実したテキストの用意がありがたいものになるでしょう。

「ウエディングプランナープロフェッショナルコース」…修了生の声

実際受講した人たちはどういった感想を持っているのでしょうか?

プロフェッショナルコースを修了した方たちの、声を見てみましょう。


「最初は特にこの職業は考えていませんでした。
でも、就職活動のときに、学生時代にサービス業でアルバイトをしていた経験からブライダルの業種が向いているのではないかと考えるようになりました。」

「長年ウエディングとは関係ない会社に勤務していたのですが、何度も結婚式に出席しているうちにウエディングのお仕事に興味を持つようになりました。」


◆このように、ウエディング業界に興味を持つきっかけは様々です。

きっかけは決まりきっている訳ではなく、色々な年代の人が様々なきっかけでこのコースを受講していることが分かります。

そのため、年齢のことで学び始めることを躊躇する必要はありません。



「いかにして、お客様が本音の本音を引き出せるのか?をいつもプランナーとして心がけています。
既成概念にとらわれないご提案ができるウエディングプランナーでありたいです。」

「先輩スタッフの美しい所作や、お客様のことを想う志の高さに圧倒されています。
わたしもそのような先輩の姿を見習っていきたいと思います。」


◆コースを卒業してプランナーとして働き始めてからも、日々現場で奮闘している姿が読み取れます。

一生に一度しかない結婚式だからこそ、丁寧にお客様と接していこうとする姿勢が伝わってきますね。



「初めて担当を受け持った記念に同僚のスタッフが忙しい中、サプライズでお祝いをしてくれました。」


◆こういった心に残るエピソードとして挙げてくれた方もいます。

このことから働いていて心に残ることは結婚式の中でのこととは限らないことが分かります。



「ヒューマンアカデミーでは、結婚式の裏側にある格式や伝統の意味合いから最も新しいブライダルのトレンドのことまで、非常に丁寧に指導して頂きました。
このコースを受講できて良かったです。」


◆ヒューマンアカデミーの指導への声を挙げていた方もいます。

伝統的でありながら、常にトレンドが動く結婚式だからこそ、実績のあるところで学べる安心感はやはりあるのでしょう。

まとめ

「ヒューマンアカデミー」では優秀なウエディングプランナーを数多く輩出しています。

資料請求・個別カウンセリング・無料体験セミナーが用意されてますので、ご興味のある方は、どうそチェックしてみてください。

ウエディングプランナーになるには【ヒューマンアカデミー】はコチラ



■LINK■